自治体の状況に合わせ、徴収業務のシステム化・アウトソーシング化を行い、改善・効率化を図ります。

事業概要

徴収業務の円滑化をご支援致します!| 自治体様ごとの状況に合わせたシステム化・ 業務委託で不足を補う支援(アウトソーシング)| 徴収業務そのものの改善と効率化の実現

どのようなパターンでも、どのような取組みでも対応いたします。

システムの見直し

税・料の単独部署
単独部署であっても複数の台帳で管理されている債権を統合しひとつの仕組みとして管理できます。時効や延滞金など、取扱いの考え方が違う組み合わせにあってもシステムが自動管理するため、業務に集中でき確実に効果を出していただけます。
複数部署での導入
税・料金取扱い課が複数にまたがるケースにおいても、お客様の体制や考え方に合わせた構築が可能です。自治体様が取扱う債権を一元化しながら、情報管理においても部署ごとに共有するデータ・しないデータを制御することでさまざまな導入形態を実現しています。
広域的な取組み
自治体様の枠を超え、複数の自治体で広域的に業務を行う場合でもさまざまな導入形態が可能です。数団体での取組みから全県にわたる取組みまで広く経験を積んでいるため、どのような取組みも対応が可能です。

アウトソーシング

コールセンター
催告・集金業務
窓口・事務業務

業務や取組みを見直し改善

業務手順の再構築
不足部分の見直し
改善実現への支援